Archived entries for

告白。

 

今日、久しぶりに映画を観た。告白、というタイトル。学んだこと。1。言葉数を減らすこと。2。少数派であることを恐れぬこと。3。周囲の言葉に幻わされぬこと。4。論理的、客観的に状況を判断すること。5。自分の意見に自信を持つこと。6。聞かれるまでは何も言わぬこと。7。何事にも動じないこと。8。感情をあらわにしないこと。9。最低の言葉数で表現すること。

S.C.ARTROOMの考え方。

S.C.ARTROOMの考え方。

 

イタリアのデザイン事情と日本のそれとの違いは、こちらでは基本的にデザインの行為が、デザインの論理に基づいていることです。デザインを行う人々が、各々、デザインの論理を言葉に託しても伝え得ることです。そしてまた、暮らしの中での美意識が明確であることでしょう。自分を取り巻く空間について、こちらでは妥協を許しません。その姿勢が明確な主張を持つデザインを生むのだと思います。

デザイン、アート、音楽、建築、、、などと細かく分業化してしまう
のは、様々な要素を持つ暮らしを切り取って単純化してしまうのと同じです。生き生きと感受性を駆使する生き方があって初めて、暮らしは総合的となり、楽しいものとなります。まずデザインを大切にするのではなく、まずは自分の暮らしを大切にする、感動を増やす生き方をする、ということが大切かと思います。

その人の暮らしの価値観が反映された空間がどのようなものであるのかを明確に理解できているか否かが問われるところだと思います。
すなわち、自らを理解できているのかどうか、自分自身を知っているのかどうか、が問われるということに他なりません。
形態や見かけやうつろいゆくものに囚われてそこで止まってしまう人がいかに多いことか。
デザインの行為というのは、自らを突き詰めるところにしか、あり得ないと思います。

私も、自分のスタジオの仕事を通じて、日々、訓練を続けております。
どうぞ、こちらこそ、よろしくお願い申し上げます。

ふと思うこと。

 

世の中が仕組まれたものであることを、この年になるまで知らなかったというのは、 一体どういうことだったのか。 何とも、心もとない話である。 自分の無力感との戦い。 ニビル星からやってきたアヌナーキによって作られたという我々。 彼らの奴隷として作られたという、彼らに比べて劣性の生物たる我々。ミッシングリンクの謎。
。。。。。。。



Copyright © 2012. All rights reserved.