再利用のワークショップ。

矢島みゆきの講義風景。天江尚之がスタジオで使用している椅子。静岡でのワークショップでの完成した作品一例。静岡でのワークショップ風景。静岡のデザイン学校での講義タイトル。

穏やかな空気が一杯に詰まった静岡の街。そこのデザイン学校で3日間の講義とワークショップをする事になった。我々のスタジオの得意とする技は、どのようなものを見てもそのなかに美しさを見いだせる事。従ってゴミを使ってでも人の心を動かし得る何かを創り出す事ができる事。その精神を学生たちに伝えたいと思った時に今回のワークショップのアイデアが生まれた。うちのスタジオの一員、天江尚之はこのように語る。それはそのまま、うちのスタジオの精神の一部を代弁してもいる。

”僕は’74年の生まれです。僕らの世代にとって、自分の身につけるものにほんのわずかでも手を加えるというのは、それほど珍しい行為ではないと思う。中学生のころから、買ったパンツの裾を少し広げてみるとか、スニーカーのひもの色を毎日交換するとか、そういったことは当たり前に行っていました。他人と違う物を着たいというよりも、行為そのものを愉しいと思っていたように思います。幼いときから、一歳年上の兄と何かを作って遊ぶということを日常にしていたことも確かに、動機の一つでしょう。今、使っているショルダーは5年程前に日本で購入した、なんでもない藍染めの袋です。これに刺繍をしたのが、本格的な刺繍の作業の始まりでした。極細い、ともすれば折れてしまいがちな針を使って、日本の極上の細い絹糸で一刺し一刺ししていくのは、いわば瞑想することに等しいのです。このショルダーの、ふたを開けた内側に刺されているこの絵は、僕の意思的意思ではなくて、手が勝手に動くようにして出来上がっていったものなのですが、そういう精神状態にまで昇華できるのです。刺繍の技術は、別に誰に教わった訳でもありません。2年間だけ暮らしたシリアではたくさんのパレスチナ刺繍を見ましたから、今ではそこから得た何かも含まれてしまっているとは思いますが。

大体、世の中に買いたいと思えるものがあまりないのです。僕が美しいと思う対象は、例えば、路上に捨てられた後に雨に打たれて一部分がめくれてきているような段ボールとか、建物の壁面に何重にも重ねてはられたポスターが時の経過とともにはがれてきて、下のほうにあった色がひょっこりと顔を出している状態とか、錆び付いた鉄板の上にさらに塗料が落ちたり、傷がついたりすることで表面に複雑な表情が見られることとか、分厚いガラスのコップの底を通過する光が、その下に敷かれた白い紙の上に見せる絵とか、そういう絵をコンピューターにかけた時に現れてくる、この世のものとは思えない強烈な光と色の世界とか、そいったもの

いつもどこへ行くにも自転車なのですが、自転車である速度で走っていても、路上や木の上や建物の壁面や、あらゆるところに多分、視線が走っているのです。だから毎日、大小に関わらず拾い物をする事が多い。何度となく自転車にひかれてぺちゃんこになっているビールビンのふたや、道ばたに転がっている車のメーカーのマーク入りの鉄片とか、どこからやってきたのかもわからないアスファルトのかけらとか、幼児が手にはめていたのかもしれない色付きのプラスチック製の腕輪とか。どこかの樹木からはがれ落ちてきた木の皮とか。すっかり乾ききったレモンの果実とか。買い物をしたときに入れてくれたプラスチックの袋なども、グラフィックが気に入ると取っておきます。仕事上の必要があって文房具に行くときには、もう誰も振り返る事すらしないためにうっすらと誇りを被っているような大量の紙とかノートとか鉛筆など、そういうものにも大いに惹かれますね。特に紙が茶色く変色してしまっている昔のノート等は大好きです。シリアのスークの影響もあるかもしれませんが、ミラノではキッチュといって人々が好まないような、中国の安手の商品も好きですよ。独特な色合いや手軽なデザインアプローチの明るさ、気軽さが好きなんです。もちろん、のみの市には頻繁に出かけます。必ずしも古い物ばかりを見る訳ではありません。僕は別にイデオロギーで服や物を作っているわけではないのです。捨てられてその辺に縮こまってしまっている物とか、のみの市に放り出されてしまったような、まだ生命があるのに、その生命が無視されているような物を見いとおしい気持ちが働くのです。そして、それでは僕がこれらの生命をよみがえらせてやろうではないかと思って、ものつくりに向かうのです。

古い服を使って、それらを素材に何かを作ろうと思うときには、機能的であるとか、合理的であるといったことは一切、頭に上りません。ただひたすら、自分が納得するように、拾ったものなどいろいろと組み合わせていくのです。せっかく出来上がっている服を、敢えて切り取って使う等と言う事も僕にはできません。逆に、アスファルトのかけらを鞄にくっつけることなら、容易にできます。鞄作りはさらに気分が自由です。いわば、オブジェを作り上げるようなものでしょうか。何となく路上につながるような開いた世界が、今の僕の気分を満足させてくれます。先入観とか規則とか、秩序とか、道徳とか、自由に反するあらゆるものを自分の中から取り払って行くことが願いです。僕がアートデイレクターと話しながら作かばんや服や空間やイメージや音楽は、その願いの反映に過ぎないのです。”     インタビューと文 矢島みゆき